楽天、岡山県倉敷市で秋季キャンプ 星野監督の地元

[ 2011年10月4日 06:00 ]

 楽天が今オフの秋季キャンプを星野監督の地元・岡山県倉敷市で行うことが3日、分かった。球団創設以来、秋季キャンプはこれまで本拠地・Kスタ宮城で行っていた。チームは現在、3位オリックスに6ゲーム差の5位。CS進出の可能性を残しているため、日程は流動的だが、仮に2年ぶりのCS進出を逃した場合は、11月初めから約3週間が予定されている。

 倉敷秋季キャンプは星野監督の意向が大きい。監督に就任した直後の昨年10月に、Kスタ宮城で昨秋のキャンプを視察。その際に「自宅から通える仙台のキャンプは、選手が家族と過ごすことができてリラックスできる。ただ、チームの団結力を高めるには集団生活が理想。野球漬けの生活が送れるし、グラウンド外で首脳陣と選手がコミュニケーションを取ることもできるし」と力説していた。今季は目標に掲げていたリーグ優勝を果たせなかった星野監督。就任2年目は、自らの地元で秋から厳しい姿勢を打ち出すことになる。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース