3試合でわずか3点の貧打…今季初の同一カード3連敗

[ 2011年8月1日 06:00 ]

パ・リーグ 日本ハム0-2ソフトバンク

(7月31日 ヤフーD)
 日本ハムはケッペル、ダルビッシュ、武田勝の3本柱で今季初の同一カード3連敗。

 ソフトバンクとのゲーム差が今季最大タイの3・5となった梨田監督は「首位決戦とか大げさに考えていなかったが、3つもやられたのは痛い」と表情を曇らせた。敗因は3試合でわずか3点の打線。摂津―ファルケンボーグの継投の前に2安打と沈黙し、今季武田勝が先発した試合は7度目の零敗となった。8回2失点完投で6敗目の左腕は「我慢比べで先制点を許してしまった」と反省していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月1日のニュース