イチロー 4打数無安打 マ軍敗れる

[ 2011年8月1日 08:50 ]

レイズ戦の8回、空振り三振を喫し、4打数無安打に終わったマリナーズのイチロー

 マリナーズのイチロー外野手は31日、シアトルでのレイズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打だった。内容は中飛、左飛、右飛、空振り三振で打率は2割6分7厘。チームは1―8で敗れた。

 イチローは無安打で7月最後の試合を終えた。月間打率は2割4分1厘、計26安打と復調の兆しは見えない。27日のヤンキース戦では4安打したが、その後のレイズ3連戦で12打数1安打と勢いが続かなかった。
 
 この日は試合前に左腕ビダードのトレードが決まるなど、落ち着かない1日だった。試合後のウェッジ監督は完敗のゲームについてはあまり触れず「とにかくトレード期限が過ぎて少しほっとした」と本音も。「現在はチームづくりの途中。いろいろと難しいことは多いが、何とかみんなで頑張るしかない」と話した。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年8月1日のニュース