オリックス 2試合ぶり2桁11安打も実らず…

[ 2011年8月1日 06:00 ]

パ・リーグ オリックス5-7西武

(7月31日 西武D)
 オリックスの攻撃陣は必死に抵抗した。

 3点を追う3回にはT―岡田、バルディリス、荒金の3連打で5点を奪い一気に勝ち越しに成功。圧巻は9試合ぶりにスタメン出場した荒金の一発だった。同点で迎えた2死一塁。左翼ポール際に放った一打は6月11日の巨人戦以来となる第2号2ランだ。「とにかく僕も次につないでいくことだけ考えていた」。伏兵に負けじと打撃陣は好調で2試合ぶりの2ケタ11安打で奮起した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月1日のニュース