山崎が決勝2点打「ブサイクだったけどよかった」

[ 2011年8月1日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天2-0ロッテ

(7月31日 QVC)
 楽天は4番が仕事を果たした。4回1死二、三塁で山崎が中前に決勝2点打。

 3球連続の内角シュートに詰まって「グシャ」という打球音で運んだ一打に「(打撃は)ブサイクだったけどよかった。俺のバットには芯がないのかなぁ」とおどけた。7月19日の日本ハム戦(東京ドーム)で右手薬指の剥離骨折から約1カ月ぶりに戦列に復帰したばかりでもあり「まだ納得いくスイングができていない。仙台に帰って打ち込みたい」と打撃を修正する意向だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月1日のニュース