小久保 初回に先制打で日本ハム3タテの立役者に

[ 2011年8月1日 06:00 ]

<ソ・日>初回、先制打を放つ小久保

パ・リーグ ソフトバンク2-0日本ハム

(7月31日 ヤフーD)
 ソフトバンクは2位・日本ハムとの天王山に3連勝。ゲーム差を一気に3・5と広げた首位固めの立役者は小久保だ。秋山監督は「最高の結果。きょうも小久保が集中してね。先制点が大きいから」と、初回に適時打を放った主将の名前を迷わずに挙げた。

 初回2死二塁で武田勝の生命線、スライダーを仕留めた。昨季7試合で0勝5敗、防御率1・07と封じられ小久保自身も14打数3安打、打率・214。内角スライダーに苦しんだのが最大の原因だが、初回は1ボール2ストライクから膝元の厳しいスライダーをファウルで逃げ、甘く入ったスライダーを打ち返した。数少ない失投を逃さず、これで球宴明けは6試合連続安打。ダルビッシュを打ち砕いた前日も含めて3試合で勝利打点を挙げるなど、勝負どころを熟知しているベテランらしい活躍だ。

 腰に張りを感じるなど体調は万全ではないが、チームの先頭に立って走り続ける。「強い日本ハムに3連勝することができました!」。お立ち台で声を張り上げた小久保。ユニホームの胸の「C」の文字がひときわ輝いていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月1日のニュース