須田崩れ 横浜両リーグ最速の30敗目

[ 2011年6月19日 18:50 ]

交流戦 ソフトバンク9-2横浜

(横浜)
 横浜は先発のルーキー須田が打ち込まれ、両リーグ最速で30敗目を喫した。直球が高めに浮き2回に松田、5回には内川と小久保に本塁打を浴びるなど5失点。「チームに迷惑かけて申し訳ない」とうなだれた。

 7勝13敗4分けで終わった交流戦を、尾花監督は「いいところまで来ているが、勝ち越せないな。先行されるとやはり劣勢になる」と振り返った。24日からのリーグ戦再開へ向け、村田は「また新たなスタート。いい戦いをしたい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース