渡辺俊痛恨の1球…制球難→単調さにつけ込まれた

[ 2011年6月19日 06:00 ]

<ヤ・ロ>2回、ロッテ先発・渡辺俊が宮本に右前安打を浴び天をあおぐ

プロ野球 交流戦 ロッテ0-3ヤクルト

(6月18日 神宮)
 どんなに厳しいコースに投げても、球種を絞られれば簡単に餌食となる。2回2死満塁で打席にヤクルトの田中。ロッテの渡辺俊は2ボール2ストライクから決め球に宝刀シンカーを選択した。コースは内角いっぱい。だが結果は走者一掃の左中間二塁打だった。

 「カーブの制球が良くなくて(球種にヤマを)張られるような投球になってしまった」。結果的にこの1球の失点だけで敗戦。問題は過程にあった。館山との投げ合い。多くの援護は望めない。そのため「コースを狙いすぎた」と慎重になりすぎ、立ち上がりからカーブとスライダーの制球が定まらなかった。2回も青木に四球を与えるまでカーブ、スライダーは7球中5球がボール。田中へもカーブが2球ともボールになった。

 女房役の的場は「フルカウントにはしたくなかった。コースは悪くないけど、あの球しか選択肢がなかった」。他の変化球が使えず、残ったシンカーと直球の球速は120キロ前後とほぼ同じ。緩急をつける投球が生命線のサブマリンが、勝負どころで直球系に頼らざるを得なくなった。まさに落とし穴だった。

 ▼ロッテ・伊志嶺(プロ2度目の猛打賞)3本出ると気分は楽です。顎を上げず、上から球を見る意識でやっている。状態はいいし、どんどん打ちたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース