広島 4年ぶり2度目の交流戦最下位決定

[ 2011年6月19日 06:00 ]

<広・日>広島の野村監督は日本ハムに大敗しガックリ

プロ野球 交流戦 広島1-9日本ハム

(6月18日 マツダ)
 広島が日本ハムに大敗を喫し、1試合を残して4年ぶり2度目の交流戦最下位が決まった。

 先発のジオが2回3安打5四死球で2失点KO。広島出身の日本ハム・中田には上野、永川勝が被弾するなど4安打5打点を許し、凱旋試合のもり立て役となった。2年ぶりの勝ち越しを目指した交流戦は5勝16敗。指揮官は「最下位とか言っているチーム状況ではない。今までできていたことができないのはなぜなのか。毎日考えながら球場に来ている」と声のトーンを強めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース