小川監督 交流戦負け越しに「やっぱり力の差」 

[ 2011年6月19日 17:58 ]

交流戦 ヤクルト1-7ロッテ

(神宮)
 セ・リーグ首位のヤクルトは最終戦に敗れ、交流戦は10勝12敗2分けと負け越した。小川監督は「やっぱり力の差だと思う。パ・リーグとの力の差は認めないと」と潔かった。
 テンポ良く投げていた石川が、1―0の6回につかまった。そこまで1安打に抑えていた左腕は5安打を集められ、4失点。この回途中でマウンドを降りた。「あの回だけですね。ストライクを狙いすぎた。ボール球をうまく使わないと」と悔やんでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース