稼頭央“大好き”聖地で 先制2ラン!

[ 2011年6月19日 06:00 ]

<神・楽>1回、楽天の松井稼は左越えに先制2ランを放つ

プロ野球 交流戦 楽天2-1阪神

(6月18日 甲子園)
 PL学園を卒業して18年たっても、聖地で躍動する姿は変わらない。楽天の3番・松井稼が、初回に4号2ラン。結果的にこれが決勝点となった。

 「得点圏で打席が回ってくることが多い打順なので、走者を還すことが仕事という気持ちは持っている。初回に先制できたことは大きいよね」

 甲子園は試合前から断続的に雨が降っていた。降雨コールドの可能性が高く、先制点が普段以上に重要な一戦だった。初回1死一塁。フルカウントから内寄りの直球を左翼ポール際へ。体の軸をぶらさず、鋭く腰を回転させる技ありの一発に「うまいことバットが出た」と自画自賛した。雨が強くなった3回裏に一時中断。2度目の中断となった6回裏で降雨コールド。初回の2ランが相手に重くのしかかった。

 日本球界復帰1号も甲子園だった。今季初の主催試合となった4月15日のオリックス戦で初回に先制ソロ。これで今季の甲子園での成績は14打数6安打、打率・429。地元・大阪出身でPL学園でも92年センバツに出場した聖地は、今でも松井稼の庭となっている。

 星野監督にとっても特別な1勝となった。03年まで指揮した阪神の本拠地凱旋試合で古巣相手に競り勝った。チームは最下位脱出。「こういう試合の時は、仕掛けを早くしていかないと。雨の日じゃなくても先制してほしいけどな。9回まで試合をしても勝っていた」。スタンドを埋め尽くした阪神ファンが静まりかえる快感を味わった。

 ☆松井稼と甲子園 PL学園2年時の92年春のセンバツに出場=写真。2年生ながらエースを務めたが、肘の故障の影響で登板はわずか1試合。東海大相模(神奈川)との準々決勝に先発したが、2回2/3を2安打2失点(自責1)。打線も無得点で0―2で敗れ8強止まり。1学年上の今岡(ロッテ)が主軸として活躍。

 ▼楽天・川井(先発で3回1/3を5安打1失点)きょうは何もないです。すみません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース