福地 今季初の盗塁失敗で左肩関節脱臼…

[ 2011年6月19日 06:00 ]

プロ野球 交流戦 ヤクルト3-0ロッテ

(6月18日 神宮)
 ヤクルト・福地寿樹外野手(35)が18日、ロッテ3回戦(神宮)で左肩を痛めて救急車で都内の病院に搬送された。

 7回に一塁走者として盗塁を試み、スライディングで左手をついた際に負傷。担架で運ばれ、エックス線検査の結果「左肩関節脱臼」と診断された。小川監督は「ちょっと厳しい。いる人でやるしかない」とし、19日にも出場選手登録を抹消する方針。08、09年盗塁王の福地は今季26試合に出場し、リーグトップの10盗塁をマーク。この日が今季初の盗塁失敗だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月19日のニュース