中日9度目零敗…落合監督「取り立てて何もない試合」

[ 2011年6月19日 06:00 ]

<中・オ>渋い表情の中日・落合監督(左)

プロ野球 交流戦 中日0-4オリックス

(6月18日 ナゴヤD)
 梅雨まっただ中の名古屋で、オレ竜打線も湿りっぱなしだ。オリックスの中山に7回4安打に抑えられ、早くも今季9度目の零敗。投手陣見殺しのお決まりの負けパターンに、中日・落合監督もお手上げだった。

 「取り立てて何もない試合だね。以上、おしまい。何かある?」

 相手がエース級ならともかく、実績の少ない中山の前に二塁まで走者を進めたのは4回の1度だけ。主軸で安打を放ったのは森野の1本だけでは勝ち目はない。4打数無安打に終わった4番和田は「ただ打てなかっただけ。あした頑張ります」と珍しく語気を強めて帰りの車に乗り込んだ。

 2安打した小山や6試合連続安打となった平田ら若手は元気だが、開幕から不振のクリーンアップになかなか復調気配が見えない。天気と同様、すっきりしない戦いが続きそうだ。

 ▼中日・荒木(オリックス先発の中山について)どこがどうというより、何となくやられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース