牧田 プロ最短6回途中でKO…西武投打にふるわず

[ 2011年6月19日 18:22 ]

交流戦 西武1-10巨人

(6月19日 東京D)
 西武は投打に見せ場をつくれずに大敗した。先発の牧田がプロ最短の5回1/3でKOされ、打線も大勢の決まった9回に1点を返すのがやっとだった。

 交流戦を貯金1で終えたもののパ・リーグで上位のソフトバンク、日本ハムとの差はなかなか縮まらない。渡辺監督は「仕切り直して上を追い掛けないといけない。打順や投手の編成をしっかり考えていきたい」と気持ちを切り替えた。

 ▽牧田(4敗目)「丁寧にいこうとし過ぎてカウントを悪くした。巨人打線には投げづらさがあった」

 ▽西武・土井ヘッド兼打撃コーチ(打線に)「チャンスなのにピンチになっているような感じ。ちょっと硬くなっていた」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース