代打小池が劇弾!中日がサヨナラ勝ち

[ 2011年6月19日 18:46 ]

10回中日1死、代打・小池が左翼ポール際にサヨナラ本塁打を放つ

交流戦 中日2-1オリックス

(6月19日 ナゴヤD)
 中日が今季4度目のサヨナラ勝ち。1―1の延長10回1死で、代打小池が岸田から左翼ポール際へ2号ソロを放った。

 小池は「次の代打は自分で、相手は岸田だと思った」と、右腕のデータを確認していた。「一番気にしていたのは試合時間。初球から積極的に振るつもりだった」と、イメージした通りの状況で打席に向かい、横浜時代の2007年6月以来のサヨナラ本塁打でチームに勝利をもたらした。小池は「ナゴヤドームでいい活躍が出来なかったので、この1打は忘れないようにやっていきたい」と語った。10回に登板した中田賢が2勝目。

 オリックスは7回1失点の金子千を援護できず、1分けを挟む連勝が3で止まった。

 ▽和田(39歳の誕生日に先制の5号ソロ)「先頭打者だったので、ヒットを心掛けていったらそれ以上の結果が出た」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース