長野 今季本拠1号!打率・324で首位打者だ

[ 2011年6月19日 06:00 ]

<巨・西>5回無死、左越えにソロ本塁打を放ち、内海(左)から祝福を受ける巨人の長野

プロ野球 交流戦 巨人2-1西武

(6月18日 東京D)
 巨人の長野が5回に先制7号ソロ。フルカウントから外寄りのカーブを左翼席へ運んだ。

 今季東京ドーム初アーチ。打率・324もリーグトップとなり「何とか粘っていこうと。内海さんが頑張っていたので何とかしたかった」。涌井とは前回対戦で4打数1安打。「球界を代表する投手。打ててうれしい」。8回1死一塁では送りバントも決め「これからもしっかりやりたい」と話していた。

 ≪阿部、脇谷の好守救った≫2つの好守が巨人に勝利を手繰り寄せた。内海が7回に1点を失い、なお1死一塁で一塁走者・浅村の大きなリードを見逃さなかった捕手・阿部は初球を捕球後に素早く一塁にけん制してタッチアウト。一打同点の9回2死二塁では途中出場の三塁・脇谷が浅村の三遊間のゴロを横っ跳びで好捕した。打撃不振で5月中旬には2軍落ちも経験した脇谷は「手を伸ばしたら捕れた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース