相双連合練習に 島袋ら中大メンバー参加

[ 2011年6月19日 06:00 ]

相双連合の左腕・渡辺にスライダーの投げ方を伝授する中大の島袋

 中大の1年生左腕、島袋洋奨(18)が18日、野球部のメンバー5人とともに福島県を訪れた。

 昨年甲子園で春夏連続優勝した興南(沖縄)の元エース左腕は、部員が減少して連合チームで今夏の福島大会に出場する相双連合(双葉翔陽、富岡、相馬農)などの練習に参加。被災地の球児と触れ合った島袋は「頑張っている姿を見て野球ができる喜びを再確認した」と話した。スライダーを教わった渡辺康友(双葉翔陽2年)は「島袋さんのように落ち着いてプレーできるようになりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月19日のニュース