1億円以上は最多80人 プロ野球年俸 1位阪神 巨人4位に後退

[ 2011年5月9日 17:38 ]

12球団選手年俸

 日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)は9日、選手会に加入する支配下選手734人の今季年俸調査結果(出来高払いは除く)を発表した。厳しい経済情勢下でも年俸1億円以上が最多の80人を数え、平均年俸は前年比101万円増の3931万円で、調査を始めた1980年以降での最高額となった。

 選手会の松原徹事務局長は「公式戦増とクライマックスシリーズの創設で出場機会が増えたことで、年俸が上がるチャンスも増えたからではないか」と分析した。

 リーグ別で年俸1億円以上の選手はセが38人、パが42人。球団別では中日、阪神、ソフトバンクの9人が最多。ことし36歳以上の平均年俸は4年連続で1億円を超えた。

 球団別の平均年俸では主力に高年俸が多い阪神が5546万円で3年連続トップ。昨季リーグ優勝し、内川聖一外野手らを積極補強したソフトバンクが5278万円で2位だった。昨季リーグ優勝を逃した巨人は前年比95万円減の4729万円で、初めて4位に後退した。

 年俸合計でも阪神が34億9390万円で2年ぶりのトップ。広島の15億8250万円が最も少なかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース