剛腕バーランダー 実は日本人選手の“お得意さま”

[ 2011年5月9日 06:00 ]

ア・リーグ タイガース9―0ブルージェイズ

(5月7日 トロント)
 ブルージェイズ戦で自身2度目のノーヒットノーランを達成。大リーグ屈指の剛腕として君臨するタイガースのバーランダーだが、日本人選手は「お得意さま」にしている。

 マリナーズのイチローは44打数16安打、1本塁打、5打点の打率・364。アスレチックスの松井も27打数10安打、1本塁打、4打点、・370と抜群の相性を誇る。松井は今季4月16日の対戦でも決勝適時二塁打を放っており、「カーブが甘く来たね。ラッキーだった」と胸を張っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース