ラミレス 息子に熱視線「日本の野球を学んで」

[ 2011年5月9日 20:01 ]

兵庫県淡路市の野球場を訪れ、息子のアレックス・ラミレス(左)を激励するプロ野球巨人のアレックス・ラミレス外野手

 プロ野球巨人のアレックス・ラミレス外野手が9日、関西独立リーグの神戸に投手として所属する息子の練習を見学するため、兵庫県淡路市の野球場を訪れ「活躍することよりも、まず日本の野球を学んでほしい」と、来日して間もない三男に父親らしくアドバイスした。

 親子ともどもリラックスした様子だったが、ブルペンではそろって表情が一変。父は捕手の隣に立ち、息子の一球一球を熱い視線で見守った。同じ「アレックス・ラミレス」の名前を持つ17歳は「来てくれてうれしかった。プロになって、父親に追い付きたい」と笑顔で目標を語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース