首位陥落阻止!バーネット無死満塁3連続K斬り

[ 2011年5月9日 06:00 ]

8回、無死満塁から3者連続三振でピンチを切り抜けたヤクルト・バーネット。左は宮本

セ・リーグ ヤクルト3―3広島

(5月8日 松山)
 ヤクルトが引き分けに持ち込んで首位陥落を免れた。2点を追う7回にホワイトセルの適時打と暴投で同点。8回には3番手・バーネットが連打などで無死満塁のピンチを招いたが、石原から3者連続三振で切り抜けた。

 9回は2死二塁から代走・福地のけん制死で試合終了。後味が悪い引き分けとなったが、首位攻防2連戦は1敗1分けで首位キープ。小川監督は「最後はもったいなかったが、リードされていてよく追いついた」と話した。

 ▼ヤクルト・福地(9回2死二塁の代走でけん制死)けん制は頭にあったが、三盗をしようと出過ぎて帰れなかった。

 ▼ヤクルト・バーネット(8回無死満塁から3者連続奪三振)抑えて良かったが、ああいう状況をつくらないことが大事だと反省している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース