大敗の中に光…小笠原が8試合ぶりマルチ

[ 2011年5月9日 06:00 ]

<中・巨>3回、右前打を放つ小笠原

セ・リーグ 巨人0―6中日

(5月8日 ナゴヤD)
 巨人・小笠原が3回に11打席ぶりとなる2001本目の安打を放った。2000安打を達成した5日の阪神戦(東京ドーム)以降、2試合無安打だったが、この日は8試合ぶり、今季4度目のマルチ安打。四死球を3つ選び全打席出塁し「同じように継続していきたい。(5回の右手への死球は)大丈夫」と話した。

 他5球団との対戦が一巡したが「まだ先は長い。その時によって相手も変わってくる。意識せずに目の前の試合をやっていけばいいと思う」と強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース