松坂 母の日に3勝目「野球選手は余計なものを買わなくて済むからいい」

[ 2011年5月9日 09:19 ]

レッドソックス9―5ツインズ

(5月8日 ボストン)
 レッドソックスの松坂は4点を失いながら、何とか白星をつかんだ。母の日の登板とあって、試合後は「勝ってそれが(母への)プレゼント。野球選手は余計なものを買わなくて済むからいい」と冗談を飛ばした。

 初回は球威がなく、3安打に四球、盗塁が絡んで3失点。ただ、二回以降は「しっかり腕を振ることだけを考えた」と切り替え、5イニングで2安打と立ち直った。

 いつも以上に球がばらつき、捕手の構えるミットが何度も大きく動いた。まだ本調子とはいえず、味方の援護に助けられた格好だ。とはいえ、バッテリーを組んだバリテックは「球速だけでなく、腕の振り、球離れも良くなった。危うさを感じた前回(先発)とは全く違う」と、状態の改善を感じ取っていた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース