「野手に申し訳ない」光原、古巣にKOされた

[ 2011年5月9日 06:00 ]

<オ・ロ>5回1死一塁、T―岡田に左越え逆転2ランを浴び、ガックリする光原

パ・リーグ ロッテ3―4オリックス

(5月8日 ほっと神戸)
 オフにオリックスから移籍したロッテ・光原が、古巣相手に4四死球と乱調。1点リードの5回にT―岡田に逆転2ランを浴びるなど、4回1/3を4失点で降板した。

 今季3連敗となった右腕は「(6失点した)前回から修正しようとしたがうまくいかなかった。制球に苦しみ、野手のリズムを崩して申し訳ない」と肩を落とした。先発陣は小野、ペン、大嶺らが2軍調整中と苦しい状況。西村監督は「光原は5回は球が高く入っていた。(本塁打は)4番だから低めを意識してほしかった」と苦言を呈した。

 ▼ロッテ・福浦(2回に14試合ぶりの3号2ラン)甘い球を軽く振り切ったら本塁打になってくれた。天国の母へいいプレゼントになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月9日のニュース