永井「意味ある」被弾…新外国人の弱点発見

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<日・楽>2回1死ホフパワーに本塁打を打たれた楽天・永井

オープン戦 楽天1―2日本ハム

(2月27日 名護)
 結果だけ見れば喜べない。しかし、シーズンに向けて大きな収穫を得た2打席だった。星野楽天がオープン戦だからこそ試せた配球で、貴重なデータを手に入れた。

 新戦力の能力を見極めるのは、チームにとって当然の仕事。対象が同一リーグ、さらに長打力を秘める主砲であれば、なおさらだ。先発の永井が2回1死から、新外国人のホフパワーに一発を許した。初球の外角直球がボールになってからの2球目だった。首脳陣が外角へシュートを投じるように指示したもので、それが甘く入って痛打されたが、星野監督は「本塁打は打たれてはいけないけど意味がある」と大きくうなずいた。

 2打席目は一転して内角を厳しく突いた。フルカウントからフォークボールが外れて四球となったが、6球中5球が内角直球。てこずる様子を見せたホフパワーを見て、指揮官は「あそこのコースは、そう対応するのかとか、試してくれと言ったんだ」と説明。永井も「内角と外角の対応を見ることができた。腕が伸びるゾーンへの半速球は強いので、内角をうまく使っていかないとですね。攻め方は何となくイメージできました」と収穫を口にした。

 対外試合4戦連発した要注意人物の生のデータを手に入れた。オープン戦の被弾は、必ずシーズンに生きる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年2月28日のニュース