川井2回無失点…“チェン枠”争いでリード

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<中・ロ>2回を1安打に抑えた川井

オープン戦 中日3―3ロッテ

(2月27日 北谷)
 シ烈な“チェン枠”争いが始まった。中日は27日のロッテ戦(北谷)で1軍組の4人の先発左腕が揃ってオープン戦初登板。左のエースの離脱で空いたイスをめぐる争いは、2009年には開幕11連勝を記録した川井が2回1安打無失点と一歩リードした。

 「高めに浮いた球があるのが課題だけど、最後にゴロで併殺打を取れたところは、持ち味が出せた。開幕ローテに入ったことがないので、そこを目指してやっています」

 3番手で登板し、打者6人で抑えた左腕が力をこめた。この日投げた小笠原、岡田、小川はいずれも左の先発タイプ。チェン、山本昌が出遅れる中、開幕ローテ入りのチャンスは十分だが、川井以外は精彩を欠いた。実績ではダントツの小笠原は2回3安打1失点の内容に「きょうが一番悪かった。これを続けないようにしたい」と猛省。開幕直前まで激しい競争が続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース