T―岡田も抑えた…鶴、先発候補に名乗り

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<オ・神>5回2死、T―岡田(左)を一ゴロに仕留めた鶴

オープン戦 阪神4―0オリックス

(2月27日 春野)
 先発候補に名乗りを上げる活躍だ。阪神の鶴が2番手で登板し、3回1安打無失点と好投。高校時代のライバルのオリックス・T―岡田も抑え、存在感を示した。

 期待の右腕がオープン戦初登板で上々のスタートを切った。4回からマウンドに上がると、先頭の日高にいきなり中前打を許した。だが、落ち着いて後続を断つと、続く5、6回も危なげなく無失点。「ゼロに抑えることだけを考えていました。内容にもこだわっていたけど、抑えられて良かったです」。まずはしっかり結果を残せたことに納得の表情を浮かべた。

 3イニングで7つのアウトをゴロで奪ったように、低めへの意識をあらためて徹底。バッテリーを組んだ小宮山はその狙いを明かす。「ボールが飛ばないので、低めに集められればそれだけ有利に進めていけます」。今季から導入される統一球は低反発の特性がある。投手に有利な条件をさらに生かすピッチングは、磨けば強力な持ち味になっていきそうだ。

 5回には高校時代にともに「浪速の四天王」と呼ばれたT―岡田を斬った。2死走者なしから、この日の最速143キロをマークした入魂のストレートで二ゴロに仕留めた。昨季にパの本塁打王に輝いたライバルとは、オフシーズンに共通の知人が経営する飲食店で偶然に再会。「本塁打王、おめでとう」と祝福の声をかけたという。もちろん追いつけ追い越せの気概も忘れてはいない。「そこまで意識はしなかったですけど…力は入りました」。ちらりと負けん気の強さものぞかせながら直接対決を振り返った。

 山口投手コーチが「抑えたことは評価してやらないといけない」と話したように、今後も結果を出し続けることが最大のアピールとなる。「今はやるべきことをしっかりやっていくだけです。後はそれが良い方向になっていけばいいですね」。6年目で初となる開幕ローテ入りは十分に現実的な目標だ。

 ▼中日・佐藤スコアラー(鶴について)ピンチになってもシュートでゲッツーが取れる。(26日のオープン戦で登板した)榎田や小嶋といい、若い選手はハイレベルな争いだね。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年2月28日のニュース