「夢をかなえる場所に」マック鈴木監督が就任会見

[ 2011年2月28日 20:25 ]

 野球の関西独立リーグに今季加入する新球団「神戸サンズ」の監督に決まった元大リーガーのマック鈴木投手(35)が28日、兵庫県南あわじ市で就任記者会見に臨み「(選手の)夢をかなえられる場所にしていきたい」と抱負を述べた。

 初の監督業に「分からないことばかり」と戸惑いも見せたが、「全勝するぐらいの気持ちで挑みたい」と意欲は十分。兼任する投手としては「いい見本になるよう頑張っていきたい」と話した。

 マック鈴木投手は米大リーグのロイヤルズなどでプレーし、16勝31敗の成績を残した。2003年から05年までオリックスに所属。その後も米独立リーグやメキシコで現役を続けていた。

 リーグは紀州、ソウル・ヘチと新規参入の兵庫、大阪、神戸を加えた5球団で5月に開幕する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース