高浜2安打1打点!ロッテの“熱視線”も…

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<オ・神>4回2死三塁、高浜は右前適時打を放つ

オープン戦 阪神4―0オリックス

(2月27日 春野)
 1軍に途中合流した阪神・高浜卓也内野手(20)が27日、オリックスとのオープン戦(春野)に「7番・三塁」で先発し、2安打1打点とまた猛アピールした。紅白戦を含め6試合で14打数8安打2打点。打つたびに虎党を“やきもき”させる高浜だが、この日も構わず打ちまくった。

 「調子は良くないと思うけど思いっきり振り抜けている。悪いからといって当てにいくようなことはしたくないので」

 鋭い弾道で2度、スタンドを沸かせた。3回無死、速球派右腕・寺原の144キロ直球を叩き右翼線を破る二塁打。続く4回、2死三塁は軟投派左腕・マクレーンの132キロの直球を右前に運ぶ適時打。対照的な2投手を打ち砕き、真弓監督も「速い球にも対応できる。追い込まれても粘って自分の好きな球を放らせられる」と絶賛した。

 「今まであまりにも消極的だった。プロ入り後の3年間を考えたとき、初球から振っていなかった。そこから変えていかないと、と思った」

 プロ入り後から両ひざ、両すねの慢性的な痛みに悩まされ続けた。父・晋一さんに相談すると返ってきた言葉は「高卒なんだから、しっかり治してから野球に没頭すればいい」。これで心が一気に軽くなった。

 FA加入・小林宏の人的補償としてロッテへの“流出”を心配されるほどの評価を得た。「今まで2軍の試合にもあまり出ていないので、1軍、1軍とは考えてない。1年間通して野球をやることしか考えていない」。“空白の3年間”を埋めるため、今は野球ができる喜びをかみしめている。

 この日は小林宏のFA移籍に伴う人的補償を視野に入れるロッテの松本尚樹編成統括らも観戦。高浜の動きにも熱い視線を送っていた。

 ▼ロッテ・松本編成統括 3月1日に真弓監督らが(高知に)来るので、そこで選手の説明をして話し合いをします。石川本部長とは2~4日に話します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース