西岡「楽しみたい」2番二塁で米デビューへ

[ 2011年2月28日 06:00 ]

練習最終日の打撃練習。デイビッド・ボーンバーグとの対戦でバットをへし折られた西岡剛

 ツインズ・西岡が27日(日本時間28日)のオープン戦初戦となるレッドソックス戦に2番・二塁でデビューする。練習中に監督から伝えられた西岡は、この日は遊撃には入らず二塁の練習に専念。早朝練習にも初参加するなど天然芝にも順応してきている。

 一方で、打撃は調整段階。4日連続となった投手相手のフリー打撃では10球中5スイングし、1度も前に飛ばせず。内角球にバットを折られる場面もあった。独特の間合いに試行錯誤が続くが「タイミングの問題だけで、泳がされるより詰まる方がいい。オープン戦序盤は球を見て、結果四球でも三振でもいい」と慣れることを重視する。

 レ軍は先発がエースのベケットで、2番手は昨季17勝のバックホルツ。強敵相手となるが「お客さんの中でも、メジャーのユニホームを着てやるのも初めて。とにかく楽しみたい」と気持ちを高ぶらせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース