4番確定!「ソフト」なカブレラ初安打初打点

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<ソ・広>3回2死一、二塁、松田の適時打で生還するカブレラ(捕手・会沢)

オープン戦 ソフトバンク4―2広島

(2月27日 ヤフーD)
 ソフトバンクのカブレラが新天地での初安打初打点をマークした。初回無死満塁で中前打。バットを振り回すイメージの強い助っ人だが、「川崎、本多の2人(のどちらか)が二塁にいればヒットで95%、点が入る。長打がいらないときには狙わなくていいんだ」。

 状況に応じ、チーム打撃に徹した「ソフト」な一打。3回には巨体を揺らして二塁から本塁へ。足から滑り込むハードな走塁を見せるなど元気いっぱいだ。

 3・25開幕戦(対オリックス、ヤフードーム))での4番は確定的。藤井打撃コーチは「カブレラだけは(4番から)動かさないで、いろいろと試す」とした。この日は3番・松中、5番・小久保の3人を合わせて計1081本塁打。カブレラを軸にしたさまざまなバリエーションは、まさに相手にとって脅威となる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年2月28日のニュース