松井 古巣対決へ不安なし「試合ができる体だと思う」

[ 2011年2月28日 09:10 ]

ファンの求めに応じサインをするアスレチックス・松井

 前夜から天気が崩れて肌寒く、温暖なアリゾナでひょうが降った。28日に古巣エンゼルス相手の一戦に出場するアスレチックスの松井秀喜外野手は遠征には加わらず、キャンプ地に居残って屋内で打ち込んだ。

 左膝痛の再発に注意を払った昨年はチーム5戦目で初出場したが、今年は2戦目。「試合ができる体だと思う。ある程度の準備はできている」と不安はない。

 「何の問題もない」と評価するゲレン監督は、当面は指名打者で1日置きに起用する予定だという。松井は「試合で反省点がいろいろ出るでしょうから、自分なりにチェックしていけばいい」と自然体で臨む。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース