岸「一番腕は振れた」初の実戦登板に“満足”

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<横・西>1回1安打無失点に抑えた岸

オープン戦 西武3―4横浜

(2月27日 宜野湾)
 右肩に不安を抱えスロー調整を続けていた西武・岸が、今季初の実戦登板に臨んだ。3回から2番手でマウンドに上がり、1回を1安打無失点。キャンプ中にはフリー打撃登板もなかっただけに「打者と対戦するのが初めてだったので感覚を思い出すには良かった。肩は全然大丈夫です」と振り返った。

 直球は高めに浮く場面が目立ったが、渡辺からはチェンジアップで空振り三振を奪うなど「一番腕は振れた」。今季から導入される統一球についても「大丈夫。気にならないですね」と自信の口ぶり。渡辺監督も「あれだけ腕が振れていれば大丈夫」と安どの表情だった。

 ▼西武・平野(先発で2回を4奪三振を含む無安打無失点)カウントを悪くしたり無駄な球も多かったですけど、悪くはなかったと思います。ローテーション狙っています。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース