ポスト西岡に名乗り…清田、OP戦2戦連発!

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<中・ロ>7回2死一塁、清田が左越え同点2ランを放つ

オープン戦 ロッテ3―3中日

(2月27日 北谷)
 甘く入った直球を逃さなかった。2点を追う7回2死一塁。ロッテ・清田が放った打球は、左翼後方の防球ネットを揺らし、芝生席で弾んだ。昨季シーズン2本塁打の男が、これでオープン戦初戦から2戦連発となり、「ポスト西岡」としてリードオフマンに名乗りを上げた。

 「いい感じで打てた。打った瞬間行ったと思った。1番は光栄だけど、西岡さんと比べたらまだ雲泥の差がある」

 昨季、全144試合に1番で出場した西岡がツインズに移籍。空席となった1番に誰が座るかが、連続日本一を目指すチームの今季の大きな課題だ。この日の相手は昨年の日本シリーズで対戦した中日。同シリーズで新人ながら6打点を挙げ優秀選手に選出された清田だが、その時の中日・和田のスイングを理想としている。「軽く振っていた。自分は振りすぎ」と、打球を飛ばすのに力みは必要ないことに気付いたという。

 今キャンプでは無休で早朝の打撃練習を敢行し、振り込んだ量はチーム内でトップクラスだ。「実戦で振り込むことで筋力をつけるタイプ。毎日の練習が糧になっている」と金森打撃コーチ。筋力トレーニングを「嫌いだった」と話す清田だが、今年から積極的に取り組み始めた。前日は日本ハムの黄金ルーキー・斎藤の前に一邪飛に倒れ、悔しさをあらわにしたが、この日は一転「甘い球が来たら一発もあるぞというのを見せられたらいい」とパワーアップに胸を張った。

 打順に関して西村監督は「まだそれは分からなない。ただ、アピールになったとは言える」。背番号と同様、清田が目指す打順も「1番」だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース