寺原「もったいない」速球に手応えもミスで自滅

[ 2011年2月28日 06:00 ]

オープン戦 オリックス0―4阪神

(2月27日 春野)
 好投を続けていたオリックスの寺原は3回、自らのミスで崩れた。無死二塁でゴロの処理を焦ってしまい一塁へ悪送球。この間に二塁走者は一気に本塁へ。「ああいうミスがもったいない」と反省した。

 1、2回はそれぞれ3者凡退に抑える堂々の投球。最速も147キロをマークした。先発陣はエースの金子千を筆頭に故障者が続出しており、横浜から移籍した27歳の右腕は「ボール自体は良かった」と手応えを感じていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年2月28日のニュース