前日右肩甲骨に死球…青木、途中出場で2の1

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<巨・ヤ>9回無死一塁、中前打を放つ青木

オープン戦 ヤクルト2―3巨人

(2月27日 那覇)
 26日の西武戦(浦添)で石井一から右肩甲骨に死球を受けたヤクルト・青木が途中出場した。

 6回2死三塁に代打で登場し、二ゴロ。自身の放ったファウルが三塁コーチの城石守備走塁コーチの右足に当たる一幕もあった。9回は無死一塁で中前打。現時点で病院に行く予定はなく「大丈夫。打てたし。ちょっと首にきてるが、遠征前に何日か休めるので何とかなると思います」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース