和田カーブ&杉内新スライダーに手応え

[ 2011年2月28日 06:00 ]

オープン戦 ソフトバンク4―2広島

(2月27日 ヤフーD)
 ソフトバンクの左腕の両エースが安定した投球を見せた。先発・和田は2回無安打無失点。投球の幅を広げるためのカーブを多投し「さまざまなカウントで試すことができた」と納得の表情だ。

 開幕投手が内定している杉内は2回2安打1失点。キャンプでのキャッチボール中に「手首の角度を少し変えた」とヒントを得た、球速を抑え気味にした新スライダーで3奪三振。「スライダーが“ゲキ曲がり”していた。1年間、これを投げれば投球が楽になる」とこちらも手応え十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月28日のニュース