駿太、今度はマルチ…岡田監督「1軍におらすよ」

[ 2011年2月28日 06:00 ]

<オ・神>9回2死、駿太は中前打を放つ

オープン戦 オリックス0―4阪神

(2月27日 春野)
 止まらない。オリックスのドラフト1位・駿太(前橋商)がまた打った。快打でデビューしたオープン戦初戦に続き、今度はマルチ安打をマークした。

 「(4打席目は)あれは狙っていたわけじゃないです。コース的には厳しかったですけど…」

 新人離れした打撃だ。7回1死一、二塁での第4打席。阪神・江草が外角へ投じた初球のスライダーをいとも簡単にバットの芯で捉えた。「うまく打たれた。そんなに甘くないところだったのに…」。実績十分の左腕も目を丸くした一打は左前へ。9回2死の最終打席では、これまた左腕の藤原から今度はスライダーを中前へ運んだ。

 これで紅白戦などを含めて実戦10試合で40打数13安打、打率・325。17歳のルーキーに、岡田監督は「駿太は1軍におらすよ。(今後のオープン戦も)連れていく」と明言。28日には都内で新人研修会に出席し、3月1日には前橋商の卒業式が待っている。そのためチームよりひと足早く、この日で高知キャンプを打ち上げた。

 「出来過ぎて怖いぐらいです」と駿太。キャンプ2軍スタートから途中昇格。止まらぬ勢いで開幕1軍はおろか、スタメンすらも射程圏内に入ってきた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年2月28日のニュース