10ドルかと思ったら…野球カードが600万円

[ 2009年2月12日 10:18 ]

 米国初のプロ野球チーム、シンシナティ・レッドストッキングスのベースボールカードが6万4073ドル(約600万円)で落札されていたことが11日に分かった。

 数枚しか現存していない1869年のチームカードで、これまでの2倍以上の値段がついた。
 米カリフォルニア州フレズノの骨董品業者が、がらくたの入った箱から見つけ、10ドル程度の価値だと思い、オンラインでオークションにかけたところ、問い合わせが殺到。ヒューストンのスポーツ記念品会社の社長が落札した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース