わずか数分!落合監督「荒木はオーケー!」

[ 2009年2月12日 20:06 ]

室内練習場で落合博満監督(手前)から指導を受ける荒木雅博

 中日の落合監督が66と書かれた専用自転車で、初めて室内練習場に入った。目的は荒木の打撃練習を見るためで、自ら打撃マシンをスローカーブに設定して見守った。

 荒木は昨年痛めた左肩の影響でマイペース調整だが、指揮官は心配ないと判断した様子。わずか数分見ただけで「オーケー。帰るぞ」と谷繁の打撃練習をのぞいてから引き揚げた。
 電気治療器を持参してきた荒木は「天気や(打った)コースによって痛みはあるが、開幕時に気にならなければいい。フリー打撃は来週以降」と不安は感じさせなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース