ボーグルソンどうだ!3者連続“メッタ斬り”

[ 2009年2月12日 06:00 ]

 オリックスの紅白戦に初登板した新外国人の2投手が明暗を分けた。前阪神のボーグルソンは白組で先発し、いきなり3者連続三振。2回に1点を失ったが「ブルペンと同様に、調子はすごく良かった」とご機嫌。一方、日本での初登板となったレスターは、岡田に特大の2ランを献上。ほろ苦い実戦デビューにも「まだ初日だからこんなものさ」と淡々としていた。

 ≪4年目で火を噴いた“浪速のゴジラ”岡田≫オリックスの岡田が紅白戦で2試合連続本塁打。レスターからバックスクリーンへ豪快に放り込んだ。大阪・履正社時代に通算55本塁打を放ち“浪速のゴジラ”と呼ばれたホープも今季で4年目。大石監督は「ミニラからゴジラのゴの字になりつつある」と成長を認めると、岡田自身も「去年と比べたらいい感じで振れている」と充実感を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース