新井右へ左へ1時間 泥だらけのサードノック

[ 2009年2月12日 19:02 ]

真弓監督(後方)に見守られ、ノックを受ける新井

 阪神の新井が特守で1時間以上のノックを受け、ユニホームを泥だらけにした。真弓監督が後ろから見守る中、熱心に打球を追い「下半身をいじめることができた」と話した。

 真弓監督は今季から新井を一塁から三塁に据えることを既に宣言。阪神から移籍する前の広島時代に務めた守備位置だけに「1年間、ずっと一塁だった。その前は三塁なので早く慣れること」と感覚を呼び戻すことに意欲的だった。13日は練習休み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース