石井に感心“熱投”ブラウン打撃投手

[ 2009年2月12日 06:00 ]

 前日はWBC日本代表候補の石原の打撃投手を務めた広島・ブラウン監督が、11日は石井を相手に約30分投げ込んだ。指揮官は「いろいろなコースに投げたけれど、きっちりと打ち分けていた」と感心しきり。指揮官は小窪、梵を含めた遊撃の定位置争いについてもう少し時間をかけて見極めていく様子で「現段階で頭の中に(3人の)順位をつけているけれど、開幕前じゃないと意味がない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース