WBC大丈夫?おかしい栗原、うなり声上げた

[ 2009年2月12日 08:45 ]

 広島の栗原が苦しんでいる。大島相手のフリー打撃で13スイングで10球までファウル。サク越えはおろか安打性の当たりは1本だけだった。何度も首をひねり、うなり声すら上げた主砲は「タイミングが取れていない。慌てている感じだったから差し込まれたのかもしれない」。昨年10月に受けた右ひじ手術の影響で打撃フォームを崩している。15日からはWBC代表候補合宿が控えているが「自分のペースでやるだけですね」と必死だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース