上原ビックリ、“初夜”に警察が来た

[ 2009年2月12日 12:29 ]

 キャンプでは、複数のスタッフが上原をサポートする。個人トレーナーと通訳のほか、マネジメント会社と代理人事務所の担当者も現地に滞在。家族も同行しており、食事面も含めて野球に専念できる環境だ。

 ただ、到着したばかりの前夜は、スタッフの1人が住居の防犯ベルを鳴らしてしまい、警察が出動する事態に。上原は「夜遅くに警察が来て大変でした」。いきなりのハプニングに苦笑いだった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース