不況でまた…TDK千曲川が消滅、秋田「TDK」と統合

[ 2009年2月12日 08:09 ]

 社会人野球のTDKが保有する2チームを統合することが分かった。業績不振による経営見直しの一環で、長野県野球連盟に所属するTDK千曲川が秋田のTDKに統合される。TDK千曲川は59年創部のTDKに続いて82年に創部。都市対抗2度、日本選手権に5度出場していた。会社側はすでに日本野球連盟に事情を説明。TDK千曲川は今季出場予定だった大会を辞退する。

 現部員18人のうち10人程度がTDKに移籍する。佐藤康典監督(39)は「こういうご時世なので仕方ない」と沈痛な面持ち。9日に日産野球部が今季限りの休部を発表したばかり。経済不況の荒波を受けて、社会人球界からまた1チーム姿を消す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年2月12日のニュース