ノーモア二岡…分かってるよね巨人ナイン

[ 2008年7月15日 06:00 ]

先輩、見ててください――。スタルヒン像の前で、ふりかぶる木佐貫(左)と内海

 前代未聞の珍指令だ!巨人の伊原春樹ヘッドコーチ(59)が、15日から札幌に2泊するナインに“ススキノ自粛令”を発令。10日にフリーアナウンサーの山本モナとの不倫疑惑が発覚した二岡の一件が世間に波紋を広げているだけに、ナインに歓楽街に潜む誘惑への注意喚起を促した。

 お酒を飲むことによる気分転換も必要。遠征先ではプロ野球選手ならではの付き合いもある。ただ現状はチームに対して世間の厳しい目が向けられている。二岡の問題が発覚後、初めての遠征先が北海道。しかも15、16日は全国屈指の歓楽街「ススキノ」が有名な札幌に宿泊する。伊原コーチはナインに対して「社会人なんだから、みんなも分かっているでしょう」と信頼を置きつつ「鋭くはないけど、目は光らせているよ」とチーム宿舎はもちろん、仮に繁華街で巨人軍の選手らしからぬ行動を見たら厳しく律していく姿勢を示した。
 “二岡騒動”をものともせず、チームは4連勝と好調を維持。首位・阪神とは11ゲーム差も、貯金6で2位につけている。この日、空路で旭川に入り、15日に中日戦が行われるスタルヒン球場で全体練習を見守った原監督も「勢いとまではいかないが、チーム状態は加速しつつあるね」と手応え十分。第2、第3のスキャンダルが起こればチームの勢いを止めかねないだけに、伊原コーチはある程度の“管理”が必要と判断した。
 リーグ連覇、6年ぶりの日本一奪回へ向けて、まずは阪神への挑戦権を争う重要な3位・中日との2連戦。チームは15日の試合後に札幌に移動する。お酒はほどほどに。

 ≪木佐貫「スタルヒン先輩にあやかる」≫中日2連戦に先発する木佐貫、内海が旭川のスタルヒン球場で練習。15日に先発する木佐貫は球団OBで通算303勝を挙げ球場名となった同投手について「あやかって頑張る」と意気込んだ。小学生時代に他界した祖父・五十雄さんが巨人で同投手とチームメートだった内海は今季中日戦が4戦4敗だけに「今回は何も言わないです」と不言実行を強調。当地での公式戦は92年7月7日(中日戦)以来16年ぶりで、始球式は同投手の長女・ナターシャさん(56)が務める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月15日のニュース