岡田さん心配…3番・新井がヘバってる?

[ 2008年7月15日 22:43 ]

 【神0―6ヤ】今季5度目の零敗で、阪神の優勝へのマジックナンバーは一瞬で消えた。ただ、岡田監督が深刻な顔をするのは、結果についてではない。「3番・新井」の状態だ。

 蓄積した疲労からか、新井は腰痛に襲われた。試合前の打撃練習を控えるなど工夫を凝らすが、なかなか上向かない。この日も8回1死満塁での空振り三振を含め、4打数無安打。15打席連続で快音は響かず、ここ5試合は20打数で1安打しか放っていない。
 2006、07年と全試合に出場し、今季もここまで全イニングフル出場。兄のように慕う金本と同じく、新井も試合に出続けてきた。岡田監督は「きょうまで様子を見ようと思っていたけど。あんまり悪いんでな」と言う。明言こそしないが、休養もあり得るといった口調だった。
 日本代表の最終候補に入っている新井には、北京五輪も控える。「今の状態で五輪に行かせられへん。ちょっと考えないと」と指揮官。ため息と同じく、悩みも深い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月15日のニュース