鹿児島大会4強激突!決勝進出は?

[ 2008年7月15日 17:42 ]

 高校野球の鹿児島大会は15日、準決勝2試合が行われ、第1シード鹿児島工が3-1で前年優勝校の神村学園に勝ち、2年ぶりに決勝進出を決めた。

 甲子園常連対決となった鹿児島実と樟南の試合は、鹿実が4回に挙げた1点を守り、1-0で勝利。2年連続決勝へ進んだ。
 決勝戦は16日午後1時5分から県立鴨池球場で。鹿児島工が勝てば2年ぶり2回目、鹿児島実が勝てば4年ぶり16回目の甲子園出場となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月15日のニュース