「リベラは従来通り抑えで起用」とフランコナ監督

[ 2008年7月15日 09:16 ]

 米大リーグ第79回オールスター戦、ア・リーグのフランコナ監督(レッドソックス監督)は「リベラは従来通り抑えで使う」との考えを強調した。通算466セーブを挙げているリベラは、ヤンキース勢からただ一人選ばれた投手。大きな注目が集まるプレーボール直後の第1球を任せてみては、との声が一部のメディアから挙がっていた。

 ヤンキースのライバル球団レッドソックスを率いるフランコナ監督だけに、リベラの偉業と地元での強い支持は十分に理解している。しかし、「リベラは抑えであって先発ではない。ほかの先発投手の名誉も守らなければならない。慣れないことをやって故障する事態は避けたい」と説明した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月15日のニュース